就職支援トリニティラボ┃ニーズがある介護求人で社会貢献

介護

介護福祉士の受験

介護

介護系の求人は需要が高まるばかりで、介護福祉士は人気の職種になりつつあります。
介護福祉士になるためには資格を取得しなければなりません。
ここで、介護求人に応募して働く為にどのようにして資格を取得するのか解説していきます。

まず、資格取得には大きく2つの方法があります。
1.養成施設などで卒業し、受験無しで資格を手に入れる
2.介護実地もしくは高校などでのコース卒業後、国家資格試験にて合格して資格を手に入れる
この2つです。

一つ目は更にいくつかのパターンがあります。養成施設と呼ばれる大学や専門学校、短大などを卒業する過程の中で学び、卒業と同時に資格を付与されるケースです。
通常は2年以上の学校が対象となりますが、福祉系の大学などで専修していた方などは1年以上にできたりと条件がいくつかに分岐していますので自分自身のキャリアを確認の上で選ぶとよいでしょう。

もう一つは高校などのコースを卒業後、国家資格試験を受けて合格し、資格取得するものです。
試験を受けるパターンでは高校卒業は必須ではなく、介護等の業務に3年以上の従事でも受験資格が得られますので事情があって大学や専門学校に行くのが難しい方はこちらの道もありますね。

介護系の求人はまだまだ需要がありますので、これを機にキャリア形成の一つの選択肢にしてもよいでしょう。
もちろん、資格がなくても未経験として求人に応募してから仕事をしながら資格を取得する方法もあるのでチャレンジすることも可能です。